Home

あにげむ雑記

とある魔術の禁書目録<インデックス> 19巻

原作も読んでますよー。
そんなわけで、とある魔術の禁書目録<インデックス> 19巻

基本15巻の続きなわけなので、一方通行さん大活躍。
浜面も一応大活躍?
すると滝壺がヒロイン?
でもこいつあんまりしゃべらないしなに考えてるかよくわからんです。

15巻は登場人物多すぎて把握するのが大変でしたが、
今回はしぼってあるのでそれなりに読みやすかった。

これ以上しゃべると激しくネタバレになるので控えますが、
次巻への期待がふくらむばかりです。

しかし学園都市っていろいろとやばい都市ですよね。


とある科学の超電磁砲<レールガン> 第10話

とある科学の超電磁砲<レールガン> 第10話 「サイレント・マジョリティ」


ついに幻想御手(レベルアッパー)を使い、能力を手に入れました。
感激の表情ではあるが、なにか含むところがあるような感じがします。

全文を読む


とある科学の超電磁砲<レールガン> 第09話

とある科学の超電磁砲<レールガン> 第08話

烈風の騎士姫

秋なので本でも読みますかー、と買ってきたのが。
烈風の騎士姫 ヤマグチノボル (著), 兎塚 エイジ (イラスト)

ゼロの使い魔のコンビがおくる新たなシリーズ……と思いきや主人公はカリーヌ・デジレ。
どうやらルイズの母様の若い頃のお話でした。
騎士隊に入るため、女ということを隠してカリンと言う名前で騎士隊に入って大活躍らしいです。

そういや才人もルイズママの風魔法にボロボロにやられてましたね。
マンティコア隊隊長「烈風カリン」の名前は伊達じゃなかったわけで。

そんな若い頃のルイズママがかわいくてどうしましょう。
一応男装しているわけなんですが、どうみても女の子にしか見えません。
男性の服を着ているからどんなにかわいくても男ってのは、物語の中だけですよね。

この作品の見所はやはり女だとばれないように日々を過ごし、
可愛いカリンが活躍していくところではないでしょうか。

そんなわけで次巻が楽しみです。



とある科学の超電磁砲<レールガン> 第07話

とある科学の超電磁砲<レールガン> 第07話 「能力とちから」


虚空爆破<グラビトン>事件のせいで黒子と初音は大忙し。
遊んでる暇がありません。

全文を読む


とある科学の超電磁砲<レールガン> 第06話

とある科学の超電磁砲<レールガン> 第06話 「こういうことにはみんな積極的なんですよ」


ちまたでは起きている重力子(グラビトン)を利用した爆破事件が起きているようです。
これを実行することが出来る能力者は量子変速(シンクロトロン) 。
さらにアルミをを爆弾として使えるレベル4の能力者は一人だけ。
しかもその一人は入院中でアリバイあり。
また書庫(バンク)の情報が当てにならない事件が起きているようです。

全文を読む


とある科学の超電磁砲<レールガン> 第05話

とある科学の超電磁砲<レールガン> 第05話 「とある二人の新人研修」


風紀委員(ジャッジメント)訓練所での研修風景。
秋で、来年中学ということなので、10ヶ月くらい前の話でしょうか。
初春腕立て伏せ0回。体力なさすぎ。
それにしても初春の頭の花が少ないですね。

全文を読む


とらのあな 東方幻想列伝01 博麗霊夢 レビュー

とらのあな 東方幻想列伝01 博麗霊夢
博麗神社の巫女さん、博麗霊夢です。

画像

全文を読む


とある科学の超電磁砲<レールガン> 第04話

とある科学の超電磁砲<レールガン> 第04話 「都市伝説」


都市伝説。学園都市にも様々な都市伝説があるわけですが、
そもそも能力者がいる時点でありえないこともありえるわけで
中には真実もはいっているんでしょうね。
「いきなり脱ぎ出す脱ぎ女」
「風力発電のプロペラが逆回転するとき、街に異変が起きる!」
「夕方4時44分に学区をまたいではいけない! 幻の虚数学区に迷い込む!」
「使うだけで能力が上がる道具レベルアッパー」
「どんな能力も効かない能力を持つ男」

最後のに美琴はめっちゃ反応してましたね。

全文を読む


Home

応援!
Rewrite

Rewrite Harvest festa!

英雄伝説 碧の軌跡

那由多の軌跡
最近のレビュー

Return to page top